クレンジング酵素0,口コミ

リバウンドしないための食事制限方法

食事制限によるダイエットをする人は少なくありませんが、ハードな食事制限は、リバウンドを起こしやすくします。
リバウンドしてしまうと、ダイエット前よりも体重が増えてしまうことがあり、せっかくの努力が水の泡になっていまいます。

 

食事の量を少なくする場合、やみくもに食べる量を減らしてもリバウンドするだけですから、どのようにするかが重要になります。
短期間に大幅なダイエットを目指すよりも、時間をかけて少しずつ体重を減らすほうが、リバウンドは回避できます。

 

毎日欠かさず自分の体重の記録をつけていくことで、停滞期かどうかを判断することができます。
本来、急激な変化は避けたほうが好ましいため、体重が減りすぎた時にはリバウンドするように人体はできています。

 

例えば、クレンジング酵素0で3日のファスティングダイエットを行います。
3日間、クレンジング酵素0だけで過ごすので溜まっている便の量にもよりますが1キロ〜3キロは体重が落ちます。
しかし、その後、すぐ通常の食事にするとあっという間に体重は戻ってしまいます。

 

とにかく体重を減らしたくて食事制限をしすぎると、エネルギーの補給が滞ったと感じた体は飢餓状態になり、栄養を貯め込もうとします。この生命を維持するための機能はホメオスタシスと呼ばれていて、ダイエットしてもなかなか効果が出ない停滞期となります。

 

ダイエット中に停滞期になると、体重の減りが鈍化して食事制限を継続する意欲が薄れてしまいますが、それで食事量を今までどおりにすると、停滞期は続いているため、太りやすくなるのです。
リバウンドのないダイエットをするには、自分の体が今、停滞期になっているかを知ることが大事ですので、体重を記録することは意味があります。

 

数値を管理することができるため、身体に大きな負担のかかる無理な減量など、健康を害するようなダイエットを防ぐことができます。
カロリー制限はダイエットを成功させるためにはとても大事なものですが、食事制限をやりすぎるとリバウンドや、健康を阻害する原因になります。

 

ですから、クレンジング酵素0でファスティングダイエットを行った後、すぐ普通の食事に戻すのではなく
1日1食はクレンジング酵素0でカロリー調整をする
いつもの食事をローカロリーのものにする日を設ける
など、カロリーオーバーにならないようにするなどダイエット後も日々の食事に気を遣うだけでリバウンドを防ぐことができます。